読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚のフン

タイトルそのままです

 

昔から人見知りで話すことが苦手でした。

 

男一機vol.2までは友達が一緒に行ってくれたのですが

さすがに申し訳ないと思い次現場の

Wonder Dream発売記念チェキ会&肉フェスは初ぼっち遠征でした。

親にうそをつき東京に行きました。

 

 

この頃仲のいいフォロワーさんがいるわけでもなく

広い体育館の中一部から五部まで

ぼっちで過ごしました。

 

もちろん話しかけてくれるフォロワーさんもいましたが

会話が続くわけでもなく大半は一人でした。

 

 

 

推しともまともに話せない、終わって話す人もいない

楽しいはずのイベントがあんまり楽しくなかった。

今となってはとても苦い思い出です。

 

 

 

 

 

人見知りで口下手、なのに一人でいることが苦手です。

ほんとに自分でもめんどくせぇなって思いますw

 

 

 

 

でも現場を重ねるにつれ話しかけてくれる人が増えて

一緒にご飯を食べるようになって

一緒に泊まったりして。

2年前のあの頃からは想像もつきませんでした。

 

 

 

あんまり言わないけど仲良くしてくれる人のことが大好きなんです。

 

連番してくれたから、一緒にご飯食べてくれたから、一緒に泊まってくれたから

一回のイベントが何倍も何十倍も楽しくなったんです。

 

 

いつもよくしてくれてる人達って

昔から通ってたり、企画を主催したり

割と知ってる人が多い人たちで

すり寄りに見られてるのかな、なんで仲良くしてくれるんだろう

ってほんのちょっとだけ悩んだ時もありました。

 

はたから見たら、というか私から見ても

金魚のフンなんですよw

 

多分私と仲良くしてもメリットなんてないだろうし

むしろデメリットのほうが多いと思います。

 

でも私がここまでイベントに通ってられるのは

仲良くしてくれてる人達のおかげなんです。

 

本名も知らない、住んでる場所も知らない

どこの馬の骨かもわからないやつなのに

内定もらったら自分のことのように喜んでくれて

卒業したら親のように祝ってくれて

わざわざ誕生日にプレゼントまで送ってくれて

多少わがまま言っても許してくれて()

ほんとに素敵な人達なんです。

 

だから私はこれからも金魚のフンでいようと思います(大声)

 

 

 

迷惑ばっかかけてるしお世話になりっぱなしだけど

これから少しずつ返していけたらなって思います。

 

年齢も住んでる場所もバラバラだけど

本当に出会えてよかった。

いつもありがとう。これからもよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意味がわからないし最高に気持ち悪いなこれ